カードローンのカードはあまりにも使い勝手が良過ぎる ちょっと問題もあるかも…

カードローンを利用する、ということはどうしてもお金を使わなければならない目的があるからなのですが、いざ申し込みの後審査が通って口座等にお金が振り込まれたりカードが郵送されると、実際にその目的に使った後も何だかついつい他のことに使ってしまうのです。これは銀行といった金融機関だけではなく、全国どこでも、コンビニエンスストアのような場所であってもカードを使用することができるからで、カードのあまりもの使い勝手の良さがちょっとどうかな~と感じています。

今は手数料のことなど気にせずにATMを利用できるのです

10年以上前からカードローンを利用しているのですが、かつてはそのカードローンを提供している業者のATM以外では利用する度に手数料が発生していたのですが、最近は手数料がかからず、無料のまま様々なATM利用できることが多くなりました。これは大変ありがたいことで、年間で約数千円かかっていた手数料がゼロ円となるわけですからその分返済にも回せることにもなります。そしてほとんどのコンビニの端末を利用できる点も魅力で、カードを提供している業者に一度も出向くことなく完済することも可能なのです。

利用したくない

テレビのCMで単語は聞いたことはありますが、実際にどのようなものなのかは知りません。

闇金サラ金ではなく、ある程度信用出来るところからお金を借りることなのだろうとざっくり思っています。

以前両親との会話で、「昔はATMにキャッシュカードを反対向きに入れると、自分の口座からおろすんじゃなくて銀行からお金を借りることになるシステムでこわかった、危なかった」という話が出たことがあり、銀行もそんな危なっかしいずる賢いようなことをしているんだと驚きました。

自分自身は絶対に利用したくないと思っています。